旅行

南米ペルーのマチュピチュに行った時の話その1

まず初めに...

僕がなぜマチュピチュを見に行ったかというと、テレビや本、それと映画(モーターサイクルダイアリーズにちょっとだけでてくる)などをみて「こりゃぁぜってー見に行くしかない!!」と思い立ち友達も巻き込んで計画を立てて行ってきました。

僕は思い立ったら即行動!みたいなところがある感じです(笑)

旅行の日数、行った時期

旅行は1週間で計画を立てていきました。みんな休みをとれるのがそれくらいだったので。

実際に訪れた時期はこのブログを立ち上げる数年前ですが10月の頭くらいにかけて行きました。

行く前にしらべた結果5~10月の乾季の時期に行くのがオススメだとブログなどに書いてあったからです。

ただ南米ペルーに旅行に行く数ヵ月前から友達とほぼ毎週のように飲み屋であつまって作戦会議(笑)をしてて、あっちも行きたいこっちも行きたいってなっててその話の中でお隣の国ボリビアのウユニ塩湖も行こう!なんて話もあったのですが、まぁその辺の話はちょっと話が脱線しちゃうのでまた別の記事にでも(笑)

実際に掛かった費用、行って帰ってくるまでのルート

ずばりこの辺のことは皆さんも気になると思います(‘ω’)

飛行機だけでだいたい35万くらいで、この旅では費用を抑えるためにホテルには泊まらずホステルで泊まったのですが(ホテルとホステルの違いはまた別記事に!)お土産代、食事代諸々含めて5~6万くらいで総額40万ちょっとってとこでしょうか。

ツアーで申し込んだ場合当時の値段で50万はかるく超えてたので大分抑えたと思います。

飛行機は一か月くらい前に予約した値段で、早ければ早いほどもう少し安くできたと思います。

ただほんとにいくかどうか半信半疑だった友達もいたので(笑)僕がガチでマジなのを見て飛行機の予約に至りました(笑)

ルートなのですが、移動がマジで大変です!(;’∀’)

内訳は以下の通り

↓↓↓

日本(羽田か成田忘れました(-_-;))→アメリカ(ワシントン)→アメリカ(ニューヨーク)→ペルー(リマ)→ペルー(クスコ)ここまでが飛行機で、クスコからは列車に乗ってまずマチュピチュ村(観光地)に行きます。

そしてマチュピチュ村からバスでマチュピチュ遺跡まで向かいます。帰りはまたこの逆のルートで帰りました。

なんと一週間で飛行機8回も乗りました( ゚Д゚)

移動だけで丸一日は掛かります。移動がとにかく大変なのですが、実際にマチュピチュ遺跡をみてもうなんていうんですかね、もうとにかく壮大ですごすぎてまじで見に来てよかった!って思ったのは今でも覚えてます。

まぁ話だけじゃ面白くないと思うので、次の記事で実際に自分で撮ってきた写真などを載せていきたいと思います!(写真の載せ方勉強しなきゃ(笑))

ここまで読んでくださりありがとうございます!




RELATED POST