英語学習

[オンライン英会話]お気に入りの講師は見つかった?見つけたほうが絶対にいい理由

今回は短い記事ですが、「なぜお気に入りの講師を見つけたほうがいいのか?

ということをお伝えします。

お気に入りの講師いたほうが絶対にいい理由

オンライン英会話を長くやっていると様々な講師に英会話を学んでいることだと思います。

私はネイティブキャンプを利用させてもらっていて、ライフスタイル的に時間が空いたら即レッスンを受けたかったので予約をとらずにレッスンを受けていました。

なので初めてネイティブキャンプに登録をしてからというもの一度も予約をしたことがなかったので、コインを消費したことがありませんでした。

ネイティブキャンプには様々な国の講師、たくさんの講師がどの時間でもスタンバイしてるのでぶっちゃけ「予約する必要ってある?」なんて思っていました。

しかし、ある時のレッスンめちゃくちゃ可愛い講師がたまたま空いていたので、即迷わずにレッスン開始をポチリました。

内心、「(めっちゃ可愛いけど、若いしまだ教えてる経験も少なそうだからレッスンの内容は微妙かもな。まぁ可愛いからとりあえずレッスンを受けてみよう!)」

みたいな邪なというかいい加減な気持ちで選んでレッスンを受けました。そもそもネイティブキャンプはレッスン回数無制限なので回数は気にする必要ないですから。

そしたらですね、これがなんとめちゃくちゃ良かったんですよ。

何が良かったかというと、まず相手が自分のレベルに合わせてくれる

自分はまだペラペラ話せるようになるには程遠い感じだったので、自分のレベルにしっかり合わせて話すスピードだったり単語を選んでくれていたのでとても分かりやすかったです。

レッスンも教材をただ機械的に進めるのではなく、日常のことを質問してくれたり話が弾むのでものすごく楽しい時間を過ごしてました。

そして何より可愛いので、聞いてるこっちもめちゃくちゃ必死で聞くし、今自分が持っているボキャブラリーの中で必死に話そうとしてる自分がいたんですよ。

普段のレッスンなら、ここまで必死に聞いたり、話そうと思わなかったのがこの可愛い講師にはめっちゃまじめでした。

必死さが段違い

ここで何が言いたいかというとただ可愛いから必死に聞いたり、話そうとしたわけではありません。(いや、まぁ可愛いからというだけでもあったかもですが・・・(*´з`))

自分のレベルに合わせてくれるし話も弾んで面白いし、可愛いしで英会話が本当に楽しかったんです。

こういう講師とレッスンを続けていくと英会話の力の伸び方がハンパないです。

なぜかというと「もっと親しくなりたいから相手が何を言ってるのかちゃんと聞き取りたいし、相手のことをもっと知りたいと思うから質問をするのにどんな言葉を選べばいいかな?」などすごく一生懸命に考えます。

これってただ何となくレッスンを受けるよりも伸びがものすごくいいです。

自分で考える」ということを、その時の咄嗟の判断で行っているからめちゃくちゃ訓練されます。

今回は私自身が男なので男性目線で語りましたが、女性目線で言えばイケメン講師も普通にいます。

イケメンだからといって教え方が上手いとは限りませんが、しかし中には必ずイケメンで教え方が上手い講師がいるので、そういった講師とウマが合えばきっと楽しいレッスンになるはずです。

そういった講師が見つかると上記でも述べた通り普段受けているレッスンよりも数倍一生懸命になると思うので、英会話力UPにつながります。

まとめ

お気に入りの講師がみつかると、

・自分のレベルに合わせてくれるので、レッスンというか英会話が楽しい

・可愛いまたはイケメンなのでまじで必死になれる(相手をもっと知りたいまたは相手の言っていることをちゃんと理解したいと強く思える)

・英会話力が普通にレッスンを受けるより伸びやすい

 

今回は感情的な部分が多かったですが、自分が体験してみてわかったことです。

どうか自分だけのお気に入りの講師を見つけて、楽しい英会話ライフを送ってください!

 

まだ英会話を始めれていない方は参考記事もあるのでこちらをどうぞ

英会話初心者がいくネイティブキャンプ体験記「やるならお早めに」「どこのオンライン英会話にしよう?」 英語を勉強している人なら誰しも考える事。 しかし、あまりにも選択肢がありすぎていつまで...

英語初心者の方、またはこれから勉強しようかと思ってるかたはこちらの記事

英語初心者におすすめの参考書と学習の方法 NHKテキスト 今回はこういった悩みを持ってるかた向けの記事です。 私は以前、英語の勉強を始める前にこう思っていました。 ...
初めて英語を勉強する人におすすめする本~世界一簡単な英語の本~今回紹介する本は英語が全くの初心者が英語を始めるのに手助けとなる本を紹介します。 ・まずは英語0→1だ! ・英語を読める...
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA